記事を共有・ブックマークする このエントリーをはてなブックマークに追加

柿渋って意外と商品化されてる

渋柿のしぶみはカキタンニンなるものが原因らしいですが、その効果、美容に関するキーワードに出てくるんですよね。柿渋として。私は嫁が美容好き・コスメ好きということもあり、その手の専門店などにはよく連れて行かれます。気になるのはボディケア用品・洗剤や洗顔等に食べ物がよく登場しますね。緑茶はよく聞きますが、一昔前はパパイアとか美味しそうに思えますが、なめればやっぱりまずいですね…。
このはカキタンニンですが、そのカキタンニンが加齢臭の原因となるニオイをの元をケアしてくれるらしく「うっそ」と思い色々調べちゃったんですが「ノネナール」と呼ばれる悪臭成分が、皮脂が紫外線などを浴びて酸化することで、皮脂にバクテリアが繁殖して、それが発酵して出てくる悪臭の元となるそうで、それってもうどうしようもないじゃんとか思ってしまします。そこでこの柿渋と結びつくらしくこの柿の渋みエキスこそが男の皮膚を爽やかに保湿して、やさしく保護してくれるらしいですね。
ここまで化学的な話になってくるとやはり男としては買いたく、試したくなるものです。やはり、物事は根拠がしっかりしていればいるほど試したくなりますね。渋柿みたいな食べても喜ばれないし私が子供の頃には落ちて朽ちていくものがこのような汎用性を見せるのです。しかも天然成分という安心バリュー付き。これからは生物も植物も自然にあるものを生かしてそこからヒントをを得ることで発明や商売が成り立っていく的な番組も見たことがあるので、それが地球に生きる自然な姿かな、と難しくも頼もしく考えてしまう出来事でした。

美容でも話題の美容関連のハナシは、このWEBサイトを一度覗いて下さい

検索する

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Copyright (C)2017どうしてる?あなたの日焼け止め対策は.All rights reserved.